スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スレッドテーマ:

-------- -- --:-- | スポンサー広告 |

飼育員がトラに襲われ重傷

女性飼育員を襲った雌のシベリアタイガー「タチアナ」【AP】

 AP通信によると、米サンフランシスコの動物園で22日午後、シベリアトラ(アムールトラ)への公開給餌の直後、女性飼育員がシベリアトラに襲われ、両腕に重傷を負う出来事があった。

 女性飼育員を襲ったのは、「タチアナ」と名付けられた3歳の雌のシベリアトラで、体重は約350ポンド(約158キロ)。このシベリアトラは、鉄製のオリから両前足を伸ばし、飼育員をつかんだという。トラが飼育員を襲ったとき、少なくとも50人の観覧者が集まっていたが、すぐに避難したとしている。

 女性飼育員は、1997年から同動物園で主にライオン4頭とトラ3頭の飼育を担当していた。命に別状はないものの、両腕を負傷し、片腕を失う恐れがあるとしている。

(引用:livedoor ニュース - サンフランシスコ動物園で飼育員がトラに襲われる=両腕に重傷

スポンサーサイト

スレッドテーマ:社会ニュース

赤ちゃんの足の指を噛みちぎった白い犯人

【ライブドア・ニュース 12月21日】- AP通信によると、米ルイジアナ州バッサー・シティーで先週10日、両親が寝ている間に、生後1カ月の赤ちゃんが、飼っていたピットブルの子犬に足の指4本を噛みちぎられるという事件が起きたと報じられていたが、実はこれは別のペットによるもので、犬にとってはまったくの濡れ衣だったことが分かった。

 警察の発表によると、“真犯人”はこの家で飼っていた白イタチということだ。事件後、両親は不保護と過失罪の容疑で逮捕されているが、父親のクリストファー・ハンシュさん(26)が警察の取り調べに対し、「白イタチはずっとオリの中にいたはず。犬がやったに違いない」と話したため、いったんはこの犬がやったものとみられていた。しかし、犬も数週間前に産まれたばかりの子犬で、当初から疑問が出ていた。

 母親のメアリー・ハンシュさん(22)が20日の地元テレビ局のインタビューに語ったところによると、「足についていた歯形で白イタチとわかった。白イタチはオリの外に出ていた」という。警察は犬か白イタチかに関わらず、両親を起訴する方針だ。赤ちゃんは退院して、州の保育施設に収容されている。

 両親の弁護士は「非常に不幸な事故だった」とし、両親が薬物を使用して前後不覚となっていたとの疑いを否定、現在毛髪を使った検査の結果が帰ってくるのを持っていると語っている。 【了】

(引用:livedoor ニュース - 赤ちゃん足指噛みちぎり事件、犯人は犬ではなく……=米ルイジアナ州

スレッドテーマ:アニマル情報

暴れゾウ120頭が街を襲撃

【ライブドア・ニュース 12月20日】- AP通信によると、インド北東部アッサム州で18日夜、120頭にも上る野生のゾウが街を襲撃、数千人が逃げまどうという騒ぎが起きた。

 巨象の群れに襲撃されたのは、同州の州都ガウハティの南東170キロに位置する人口10万人の街ホジャイで、この一件で少なくとも2人が負傷、建物にも損害が出た。警察や野生生物当局が通りにあふれるゾウを威嚇射撃や爆竹、タイコで追い立てたが、全てのゾウが森に帰るころには日が替わっていたという。

 インド北東部では近年、野生ゾウの生息地である森林破壊が進行したことで、ゾウが人里に出没するケースが増加している。同州では過去5年で250人以上がゾウに殺され、また住民も268頭の象を殺している。17日には、過去2年で14人を殺したゾウがハンターによって射殺されていた。同州の野生ゾウの生息数は約5300頭と見積もられている。 【了】

(引用:livedoor ニュース - 暴れゾウ120頭、夜の街を襲撃=夜を徹して森に追い返す

ゾウ

スレッドテーマ:ちょっとヤバいニュース

「飼いグマ」に襲われ男性死亡

 14日午前7時半ごろ、青森県弘前市神田4丁目で「飼われている熊が人を襲った」と、近所の住民から110番通報があった。弘前署員が駆けつけたところ、飼い主の同県藤崎町藤崎、林業斎藤仙悦さん(55)が頭や足などをかまれており、まもなく死亡した。

 同署の調べでは、熊はツキノワグマで体長約130センチ、14歳の雌。発見時は、おりの中で倒れた斎藤さんの上に熊が乗っている状態だった。

 熊の飼育には、動物愛護法によって県の許可が必要。県警によると、熊は92年ごろから飼われているが、許可は得られていたという。斎藤さんは普段、1人で餌やりにきており、弘前署は、餌を与えた際に襲われたとみて調べている。

(引用:asahi.com:「飼いグマ」に襲われ男性死亡 餌を与えた際に 青森 - 社会

だから信用しちゃだめなんだよ!

【このニュースの関連記事】

飼いグマに全身かまれる、青森で男性死亡…クマは薬殺 - YOMIURI ONLINE(読売新聞)

調教師、シャチに噛みつかれて水中に引きずり込まれる - 青リンゴのねた帳

(2006-12-04)

スレッドテーマ:社会ニュース

インドネシアでワニの腹部から人体、行方不明の男性か

 [ジャカルタ 6日 ロイター] インドネシア東部のクパン湾で捕獲された全長5メートルのワニの腹部から、手などを含む人体の一部が見つかった。6日付のジャカルタ・ポスト紙が報じた。

 西ティモールを流れる川の河口付近で4日にナイロン製のわなに掛かったこのワニは、1カ月ほど前から行方不明となっていた男性3人のうち、少なくとも1人を襲ったものとみられている。

 地元住民らが体重500キロのワニの腹部を開いたところ、中から人の手や足、毛髪や頭がい骨の一部、Tシャツなどが出てきたという。

 被害者は先月に釣りに行ったまま行方が分からなくなっていた59歳の男性と考えられている。

(引用:インドネシアでワニの腹部から人体、行方不明の男性か | ワールド | Reuters.co.jp

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

スレッドテーマ:海外こぼれ話

調教師、シャチに噛みつかれて水中に引きずり込まれる

[ロサンゼルス 30日 ロイター] 米サンディエゴのシー・ワールドで行われていたシャチのパフォーマンスショー中に、トレーナー(調教師)がシャチに噛みつかれて水槽の底に引っ張り込まれ、ケガを負うハプニングが発生した。

サンディエゴの救急隊員によると、ケガをしたのは33歳の男性調教師。ケガの詳細については明らかにされていない。

事件が発生したのは水曜日午後に行われたショーで、この日は約200人の観客が集まり、トレーナーがシャチに乗って遊泳するなどのパフォーマンスが行われていたという。

目撃した観客の一人は取材に対し、「水槽の底からやっと水面に出てきたトレーナーは、意識はあるが顔面蒼白で、ウェットスーツの脚の部分が引き裂かれていた」と話している。

木曜日現在、シー・ワールドから詳しいコメントは得られていないが、広報担当のマイク・スカルプッチ氏は『サンディエゴ・ユニオン・トリビューン』紙に対し、「シャチが水中から真っ直ぐ上方に飛び出し、鼻の上に乗ったトレーナーがそこからプールに飛び込む予定でした。ところがシャチはトレーナーの脚に噛みつき、彼をくわえたまま水中へ潜ってしまったのです」と事件について説明している。

潜ってから1分未満で男性とシャチが再び水面に浮上した。このとき他の調教師らがシャチに水槽の端に来るようにとシグナルを送ったが、その命令を無視したという。また、この水槽の深さは11メートルとされている。

約1分間の間にシャチはトレーナーをくわえたまま2度に渡って潜水したが、その間、トレーナーはシャチを撫で、落ち着かせようとしていたという。

調教師に噛みついたのは「カサツカ」と名付けられた雌のシャチで、『トリビューン』紙によると、1993年と1999年にもトレーナーに噛みつこうとしたことがあるとされている。

(引用:調教師、シャチに噛みつかれて水中に引きずり込まれる | エキサイトニュース

「ちょwwwまてwとまれバカwwwww アッ―!」

>>顔面蒼白で、ウェットスーツの脚の部分が引き裂かれていた
ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
なにこのスプラッターホラー。

サーカスでゾウとかクマ(?)がいきなり襲ってくるっていう話もよくあるね。
動物の突発的な野生化。
生まれたときから人間に育てられてもやっぱり動物の本能は消えないのよ。

昔飼ってた犬の話なんだけど、散歩中に人気の無い広い草ムラで鎖ほどいてやったら、狂ったように走り回ったりジャンプしたりそこらへんの物に噛み付いたりし出して、「お~お前も色々たまってたんだなw思う存分発散しなさいw」なんて思いながらしばらくの間見てたんだ。
そんでいざ大人しくさせようと思ったら、吼えられるわ噛み付かれるわ逃げられるわで、大変大変。
そこに運悪く野良猫が通りすがっちゃって・・・大惨事になってしまったことがあります。
ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
ま、所詮動物は動物ですから下手に信用しないほうが身の為ですぞ。

てかこのシャチ、前科者じゃないかw解雇しろよww

スレッドテーマ:海外こぼれ話

間一髪、ワニの口から奇跡の生還

11月29日、米フロリダ州でワニに襲われ食べられそうになっていた45歳の男性が間一髪で救出された。写真は男性を襲ったとみられる体長3.6メートルのワニ(2006年 ロイター/The Ledger)

[マイアミ 29日 ロイター] 米フロリダ州で29日未明、ワニに襲われ食べられそうになっていた45歳の男性が、郡保安官代理4人によって救出された。

ポーク郡のグラディ・ジャッド保安官は、男性が左腕を失ったほか、右腕や左足にも大けがを負う重体で病院に運ばれたことを明らかにした。

同保安官によると、午前4時ごろ、保安官代理らは助けを求める呼び声がするとの複数の通報を受けて現場に急行。ワニの口の中にいる男性を発見し、腰までの深さのぬかるみに入り、岸まで約40メートルの場所から男性を救出したという。現場は非常に暗く、男性を負傷させる危険もあったため銃は使えなかったという。

今のところ男性が泳いでいたのか、ワニによって岸から引きずり込まれたのかは明らかになっていない。

(引用:間一髪、ワニの口から奇跡の生還 | エンタテインメント | Reuters.co.jp

ワニこわあああああΣ(゚Д゚;)
こんなんに丸飲みされちゃって助かるとはまさに奇跡の生還ですね・。・

スレッドテーマ:海外こぼれ話

エサ不足でクマが冬眠しない可能性も=米アリゾナ州

【ライブドア・ニュース 11月30日】- AP通信によると、米アリゾナ州野生生物当局者が、一部のクマが冬眠に入らず、冬の間も出歩く可能性があるとして、警戒を呼びかけている。

ジョン・ミリカン地域猟区監視官によると、同州フュチュカ山系では今年はエサが少なく、充分な食物を貯めきれなかったクマが腹を空かせ、エサを求めて人里まで出没するおそれがあるとし、地元住民に警戒を呼びかけた。同山系では今夏にも、干ばつでエサを失ったクマが山すそに姿を現していた。

また同州狩猟・漁猟局のブライアン・ウェイクリング氏は、「クマの冬眠は他のほ乳類の冬眠と違い、完全な休眠状態にはならず、ときどき起き出す」としており、もともと冬季もクマがうろつくことはあり得るとしているが、今年の場合はエサ不足から冬眠に入るのが遅れるケースはあるのではないかとしている。 【了】

(引用:livedoor ニュース - エサ不足でクマが冬眠しない可能性も=米アリゾナ州

山の中に熊が食べそうなもんいっぱい置いといてあげればいんじゃね?
なんてそんな簡単にはいかないんですよね(つд⊂)
野生の熊は足が速くて、死んだふりしても襲ってくるらしいです。怖い。

スレッドテーマ:海外こぼれ話

ブロとも申請フォーム
Search
Profile

青リンゴ。

Author:青リンゴ。
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。