スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スレッドテーマ:

-------- -- --:-- | スポンサー広告 |

ウィニー開発者に罰金150万円の有罪判決、被告側は控訴へ

 ファイル交換ソフト「ウィニー」を開発し、ゲームや映画ソフトの違法コピーを容易にしたとして、著作権法違反幇助(ほうじょ)の罪に問われた元東大助手、金子勇被告(36)に、京都地裁(氷室真裁判長)は13日、罰金150万円(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。

 最大の焦点はソフト開発の意図で、検察側は「著作権侵害を企図した確信犯」と指摘。金子被告側は「新技術の検証にすぎない」として無罪を主張していた。

 ファイル交換ソフト利用者の違法行為で、開発者の刑事責任を認めたのは初めて。ソフト開発の現場に大きな影響を与えそうだ。

 起訴状などによると、金子被告は平成14年5月、ウィニーをホームページ上で公開。群馬県高崎市の男性店員ら2人=有罪判決が確定=が15年9月、映画などを違法にダウンロードできる状態にするのを助けた。

 検察側は、インターネット掲示板への書き込みなどから金子被告が著作権侵害への利用を意図して開発したと認定。「現在の著作権保護システムを根本的に破壊するため開発、公開して不特定多数の者にダウンロードさせ、違法コピーの横行を助長した」と批判した。

 一方、弁護側は、被告がホームページなどで違法な利用をしないよう呼び掛けたことなどを挙げ「違法行為を助長する意図も、悪用した者と意を通じたこともない。開発者が共犯として処罰されれば、技術者を萎縮(いしゅく)させる」と反論している。

(引用:ウィニー開発で初判断、元東大助手に罰金150万-事件ですニュースイザ!

「ウィニー」の開発者・金子勇被告の有罪判決を受け、
「不当判決」の紙を掲げる支援者。 判決公判で京都地裁に向かう、ファイル交換ソフト「ウィニー」開発者の金子勇被告(手前)。

【このニュースの関連記事】

ウィニー開発者に罰金150万円の有罪判決 京都地裁 - asahi.com(朝日新聞)

ウィニー開発者に京都地裁が有罪判決、被告側は控訴へ - YOMIURI ONLINE(読売新聞)

スポンサーサイト

スレッドテーマ:ITニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aoringosuki.blog82.fc2.com/tb.php/136-16da9a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
winny罰金150万円(本当の意味)&メルマガ読者増加方法第2号
2006/12/14(木) 01:01:08 | ホストでも出来るメルマガ・ブログ・アフィリエトで初心者があっさりサックリ月収100万円
ブロとも申請フォーム
Search
Profile

青リンゴ。

Author:青リンゴ。
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。