スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スレッドテーマ:

-------- -- --:-- | スポンサー広告 |

年末ジャンボ宝くじの賢い買い方!

「私は10枚ずつ連番を、バラバラに10組購入します。というのも、もしも1等が当たったら、前後賞も取りたいから連番は絶対。だけど100枚全部を連番にしちゃったら、最初の1枚を調べた瞬間に、残りの99枚の中に高額当選が入っていないことが判明してつまらないでしょ。そこで10枚ずつは連番で、その連番セットをバラバラに10セット買うんです。こう言うと、売り場では10の桁も0~9になるように10セット選んでくれます」

すると、手元の宝くじは100桁以上はバラバラだけど、10桁以下は00~99までの番号が揃うことになる。となると、下1桁で決まる末等(300円)は必ず10枚、下2桁で決まる3000円も必ず1枚は当たるから、最低でも3万円の投資で必ず6000円は回収できるというわけだ。

「応用編として、『10の桁を7で!』など下2桁目を特定の数字で揃えた連番を、10セット購入する方法も。10%の確率ですが、当たれば投資金額3万円で3万3000円が回収できます。ハズレれば3000円しか手に入りませんが」

高額当選の夢はしっかりと残しつつ、損額を最小限に抑えられるナイスな買い方。

自分は買わないよ~って人でも家族に宝くじやってる人がいるなら教えてあげるといいかもね。

うちもおじいちゃんが毎年かなり買ってて、高額には一度も当選したことがないんだけど、多分毎回500枚ぐらい買ってるんだよね。

この買い方で宝くじ500枚買うと¥150,000で、必ず回収できる金額は100枚毎¥6,000だから×5で¥30,000万円てことは、おお?なんだ3万円も浮くじゃんww

その浮いた分はお年玉に・・・(ΦωΦ)フフフ…

高額当選する確率はどのくらいなのか?

ウェブサイト「宝くじコーナー・トピックス」によると、年末ジャンボ宝くじは、世界の全人口よりも約1億多い7億4000万枚が発売され、このうち1等2億円は74本、1億円は296本。高額当選する確率は、いわずもがなゼロに等しい。せめてもの思いで1万円以上が当選する確率を計算したところ、こちらもわずか約0.001%と、さびしい結果になってしまった(※)。

※74ユニット(発売予定額2220億円)の場合の当せん本数をもとに計算。

【このニュースの参照元】

livedoor ニュース - 【独女通信】10分の1の確率で3000円が当たる「年末ジャンボ宝くじ」の買い方

スポンサーサイト

スレッドテーマ:気になるニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aoringosuki.blog82.fc2.com/tb.php/27-b2432594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブロとも申請フォーム
Search
Profile

青リンゴ。

Author:青リンゴ。
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。