スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スレッドテーマ:

-------- -- --:-- | スポンサー広告 |

「狂犬病」はどんな病気なのか

致死率はなんと100%!

「狂犬病」にかかった動物にヒトが咬まれると、傷口から唾液に含まれるウイルスがヒトの体内へと侵入します。1~3ヶ月の潜伏期間を経ると、風邪に似た症状が出たり、傷口に痛み・痒みなどを感じたり……。そのうち、恐水・恐風症状、興奮性、麻痺、幻覚、精神錯乱などの神経症状が現れ、昏睡状態へと陥り、最後は、呼吸障害でほぼ100%が死亡!

発症しやすい年齢は特にありませんが、一旦発症すれば、数日以内にまず間違いなく命を失う「死の病」。ヒトだけでなく、動物が発症した場合も死に至ります。

ヒトからヒトへの感染は……

「狂犬病」の名の通り、犬からヒトへと感染するケースがとても多いのですが、意外にも、猫・アライグマなどから感染する例もあるのです。
最近のペットブームで、犬以外にもさまざまな動物を飼う人が増えているご時勢、ちょっと心配?
ただし、ヒトからヒトへと感染することは、通常ありません。

予防の決め手は、ヒトと犬のワクチン接種!

「狂犬病」は残念ながら、発症後の治療法がありません。だから、発症する前の予防がとても大切になるのです。

では実際、東南アジアなど「狂犬病」が多い国へ行く場合は、どんな予防策をとればいいのでしょう?
■出発前に予防接種(暴露前接種)を受けておく。
■現地では、犬や野生動物などにむやみに手を出さない。
■「狂犬病」の可能性がある動物に咬まれたら、傷口を石鹸と水でよく洗い流し、病院で診察を受ける。感染が疑われる場合は、できるだけ早くワクチン接種(暴露後接種)を受ける必要があります。

死者まで発生! 恐怖の「狂犬病」とは? - [よくわかる時事問題]All About より
スポンサーサイト

スレッドテーマ:時事ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aoringosuki.blog82.fc2.com/tb.php/52-fec7b8e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブロとも申請フォーム
Search
Profile

青リンゴ。

Author:青リンゴ。
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。